*悠久の風を感じて*

京都の写真などをちょこちょこ載せていこうかなと思っています*

ダンス舞台終了*感謝*

昨日、ダンスの舞台が終わりました! ここ半年以上振付をやってきて、ここ1か月くらいは自主練も含めてダンス漬けの毎日で、舞台1週間目くらいから寒くなったのもありますが、おそらく緊張で具合が悪くなってたんですが、本番当日はとっても楽しめました! やはり出るまでが嫌で、舞台に立ってしまえばいつも良い緊張と楽しみがあるんですけど(笑)。今回はいつも以上に頑張ったので、頑張ったぶん舞台上で力を発揮したいという思いもあって緊張をしたんだろうなと思います。

練習のし過ぎで本番2日前に左膝が曲がらなくなってしまって不安もありましたが、本番に左ひざをついて右膝でキックするという振付があって、それを思い切りやってみたらねじれた筋が戻ったのか大丈夫になりました(怖)。

部屋で一人で練習していると、自分だけの大きな歩幅や位置感覚が身についてしまって、いざみんなと合わせた時にポジションが変わってしまったりだとかするのだなと。

舞台に立つと客席は真っ暗でほぼ何も見えないけど、前から2~3列目のお客さんの顔はうっすら見えました。でも客席からはこちらの顔はしっかりはっきり見えているんだよなあ。そのギャップが怖い。一緒に踊っている他5人の姿も闇にまぎれて分からないくらいだし、本番は無意識に踊れるくらいにしておかないとやはり不安だなと思いました。次回がもしあれば頑張りたいし、今までも舞台に立ちたいと思いながらも立つ方法が分からずほとんど立てなかったので、これからはたくさん人前で踊りたい!

目力って大事だなと思いました。どうせ子供たちが主役だろうと思ってほぼ髪型も気合を入れず、つけまつげも家にあった普段使いの大人しいもので済ませてしまったのが悔やまれる。3年後は出られるかもわからないのに! あと友達を呼ぶのも、そんなにうまくないからと呼ばなかったけど、今思うと頑張った姿を見て欲しかったなと思います。

ダンスって、舞台って素晴らしいな。みんなのことを信じて踊ること。

振りも前の人を見て踊っていたら、前の人が間違えた時に踊れなくなる。
出るタイミングも人任せにしていたら、出られなくなる。

一人一人が、自分がリーダーで主役なんだと思うこと。それが大切なんだなって思いました♪ 小さなころからダンスで舞台に立っていると、教えられることがたくさんあって、人生で見える景色も考え方も違ってきそうな気がします。

合唱で舞台に立ったことはあるけれど、合唱は一人くらい歌ってなくても分からないけど(笑)、ダンスは振りが出来ていないとすぐにバレてしまうし、また違うなと思いました。

舞台袖で見ていて、子どもたちが一人一人、一生懸命踊っている横顔、笑顔だけど張り詰めた緊張感。一人一人が闘っているんだなという横顔はとても綺麗でした。それぞれが家や教室で自主練して、たくさん踊って過ごした時間が、その顔の後ろに見えました。それが自信に繋がっていくし、輝く未来につながると思う。

幼稚園の3歳の子たちがクマさんや兵隊さんの衣装をきたりしてベンチに並んで座って出番を待っていて、ぼーっとしているように見えたんだけど、「頑張ろうね」って手を握るとどの子も冷たかった。静かに緊張してるんだなと言うのが伝わってきて胸が熱くなりました。こんな小さいのにたくさん練習して振りを覚えて頑張ってる。

最後の挨拶で先生が舞台に出てくるとき、ゲネプロではこちらに目を合わせて満面の笑みで出てこられたので、今回もそうだろうなと袖を見たら泣きながら出てこられたのでこちらも動揺してしまって一瞬踊りを忘れてしまった(笑)。

今まで趣味でダンスをやってきて、本気でうまくなりたいなんて思わなかった。

でもグループのみんなでほぼ毎日LINEをして、自分たちの動画を見て、部活みたいで凄く楽しかった。これがいつまで続くのか分からないけど、この気持ちは大切に持っておきたい。

昨日は白木屋で打ち上げをしたのでまだ少し二日酔いが残っています(笑)

目の体操と顔をシュッとする体操、あとみんなみたいにセクシーなポージングや顔の表情の演技力もつけられるようにもっと練習したい!

人は嫌な一面もあるかもしれないけど、でも良い一面を見て、感謝をしたいきたい。みんな神の子さんだよね(笑)。素敵な機会を与えて頂いて感謝!ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌~富良野~知床~摩周湖~釧路

本日、釧路空港から帰ってまいりました。
伊丹空港の窓からコンクリートジャングルを見ていると、知床でヒグマに遭遇したこと、その横で鹿が2匹草を食べていたこと、猫が走り出てきたと思ったら耳の尖ったキツネだったこと、富良野の咲き誇るラベンダー、リフトから眺めた広大な景色、釧路湿原のカヌーで曲がり切れずに枯れ木に顔から突っ込んだこと、大雪山で猛暑なのに水がない中登ってしまい、途中で頂上にも水はないと聞いて絶望するなかようやっとたどり着いたら頂上は気持ち良い風が吹いて岩室へ続く道がRPG見たいで感動したこと……そんな大自然に囲まれたこの5日間の生活が夢だったんじゃないかな? と思ってしまいます。ウニやイクラを毎日食べられて幸せでした。ただ働いている5日間と冒険をした5日間は同じ日数でも全然感じ方が違うんだなって思いました。

相方と喧嘩をして散歩中に眺めた夜の知床の海、巨大な岩陰に戦慄したこと、真っ暗な中でカモメが泣いていて、フナムシが蠢いていたこと。知床5湖で聞いた蝉の声、アブラゼミやミンミンゼミはいなくてコオロギみたいな声だったこと。オシン・コシンの滝。アイヌなんて遠い存在だと思っていたけれど北海道にはまだまだ彼らの足跡がたくさん残っていて、ここは独自の文化を歩んできたんだなと思いました。神社もほとんどないし。関西弁を「なまってるけど、どこの言葉?」って言われたのは初めてだったので新鮮でした(笑)。

お湯の滝も膝までつかって温泉みたいで気持ちよかった。帰りに滑り落ちて助けてもらいかけました(笑)。層雲峡も中国人の人がすっごく多かったし、そこ自体が中国のようでした。夜中に銀河の滝で星を見たんですが京都市では絶対見られない満天の星空が見られて、星が多すぎて逆に星座が見つけにくいんだなって思いました。

札幌のスープカレーも美味しかった! テレビ塔も時計台も北海道神宮も。

北海道は20年ぶりの猛暑だったそうですが、本州と気温は変わらないのに、札幌の市電も冷房がなくて窓を開けて凌いでいるし、知床ではまだストーブが出ていたりして、夏の過ごし方はこの猛暑の中では辛い土地だなと。普段は過ごしやすい避暑地なんでしょうけれど今年は異常だったみたい。そんな時に2度目の北海道に行った私。セイコーマートLOVE!ガラナカツゲンも飲みまくりました*

北の国からを全話見て行ったのでるーるるる出来ましたし、中畑木材にも行けました!

最近は仕事に追われて旅行記も満足に書けないので帰宅した日、感情をまだ覚えているうちに少しでも書き残しておきたくて。また写真などを付けて書きたいと思います。

3月に高知、5月に小田原や箱根~東京なども行ったんですが、それも書けていない。

去年秋のスペイン旅行などもまだですね。

また、後ほど。

 

 

2016年9月後半 ロンドン旅行記*

昨年9月に行ったロンドン旅行の様子を、フォートラベルで記載しています! もしよかったら読んでみてくださいね♪ 他にもフランスとスペインを回ったので、そちらも書こうと思いながらいつの間にやら4か月以上経過して記憶もおぼろげになっているという空しい今日この頃。近々思い出しながら書いてみようと思います。仕事してるとどんどん時間が過ぎて行ってなかなか書けないですね。いいわけですかね(笑)。

 

■フォートラベル ロンドン旅行記

4travel.jp

4travel.jp

ウィークエンドマーケット

順番が前後しますがワットプラケオに行く前に寄りました。凄い人出でおまわりさんにバック空いてて一眼レフが見えてるよ!と注意されました。しかしバンコクはあまり歩道橋も横断歩道もないので足が悪い人には大変な国かもしれない。

f:id:popomani:20160724175540j:plain

f:id:popomani:20160724175549j:plain

f:id:popomani:20160724175557j:plain

f:id:popomani:20160724175608j:plain

f:id:popomani:20160724175619j:plain

f:id:popomani:20160724175626j:plain

f:id:popomani:20160724175632j:plain

f:id:popomani:20160724175639j:plain

f:id:popomani:20160724175659j:plain

f:id:popomani:20160724180148j:plain

ロイヤルベンジャホテル近くのスーパーに毎日通ってました。イスラム系や多国籍の方が多くて面白かったのです。日本語のカップ麺なども普通に売ってて、結構世界のどこでも日本商品は進出しているのですね。

f:id:popomani:20160724180137j:plain

f:id:popomani:20160724180142j:plain

ホテル前のマッサージ屋さんでタイマッサージを受けました。毎日受けていたからか、いつも旅行から帰ると数日は疲れ切っているのにあまり疲労を感じませんでした。凄いぞ、タイ古式マッサージ! 

f:id:popomani:20160724175709j:plain

f:id:popomani:20160724175714j:plain

f:id:popomani:20160724175718j:plain

f:id:popomani:20160724175725j:plain

f:id:popomani:20160724175732j:plain

バンコクのことをあまり知らずにいったのですが、あれほど日本語が街に溢れているとは思いませんでした。日本食だらけということは、タイの方の味覚が日本人と似ているということで、日本人からしてもタイ食は好みの味だと思います! パッタイとか大好きですもん! 結構つめつめの日程で行ってしまったので、今度は一日のんびり街を眺めるだけの日も作って、お釈迦様の足の裏もちゃんと見たいと思います! 王宮前で夜にたむろっていたタクシーの運ちゃんたちがバカ高い金額をふっかけてこられたのですが、値下げの交渉をするのもまた楽しかったです。結局、別の誠実そうな運ちゃんに頼みましたが鼻歌を歌いながらホテルまで送ってくれました。

2日目くらいに変なところに連れていかれる!と思ってタクシーの運ちゃんと言い合いになったこともありましたけれども……(汗)!

1回目に行くときは電車の乗り方もわからず、物凄い勢いで閉まる改札に挟まったりだとか、切符の買い方も両替の仕方も手探り状態ですが、2度目に行くときはやはり違いますね! 1回目と2回目の間には大きな違いがありますね。素敵な街でした!

 

 

ワットプラケオ&The deck

The deskはfacebook上で予約を取って行きました♪ あいにく直前だったため、川沿いの席は取れなかったんですが(日本人の方が座っておられて、そのあとたまたま立ち寄った白人の方が座られることに!)、十分綺麗な夕暮れを見ることが出来たので満足です!

f:id:popomani:20160724175205j:plain

この人ごみの中、1000バーツを落として気づいていなかったのですが、後ろの中国人のおばちゃんたちが「あんた!ちょっと、1000バーツ落としてるよー!!」と大声で叫びながら駆け寄ってくれた。原色の服を好むところや声がでかいところなどノリが完全に大阪のおばちゃんたちなのでとても親近感。ありがとう、おばちゃん!!

f:id:popomani:20160724175210j:plain

f:id:popomani:20160724175215j:plain

f:id:popomani:20160724175219j:plain

このあたりで「百姓大舞台」というTシャツを着た団体の中国人のおばちゃんに一眼レフのシャッターを頼んだのですが使い方が分からなかったみたいで結局撮ること叶わず。残念。

f:id:popomani:20160724175227j:plain

f:id:popomani:20160724175232j:plain

f:id:popomani:20160724175647j:plain

f:id:popomani:20160724175653j:plain

f:id:popomani:20160724175237j:plain

f:id:popomani:20160724175241j:plain

f:id:popomani:20160724175246j:plain

ワットプラケオがあんなに広いとは思わず、午前中にウィークエンドマーケットに行ってしまったためにワットポー閉まるまでに間に合わず。行かれる方は時間に余裕をもっていきましょう><

f:id:popomani:20160724174423j:plain

f:id:popomani:20160724174456j:plain

f:id:popomani:20160724175304j:plain

f:id:popomani:20160724175340j:plain

f:id:popomani:20160724175420j:plain

 

リバーサイドレストラン

f:id:popomani:20160724174122j:plain

f:id:popomani:20160724174128j:plain

f:id:popomani:20160724174601j:plain

安いと聞いていたのになぜか高かった水兵さんの店。すごくわかりにくくて何度も人に尋ねました!でもパイナップルご飯とってもおいしかったです!

f:id:popomani:20160724174134j:plain

f:id:popomani:20160724174140j:plain

f:id:popomani:20160724174145j:plain

f:id:popomani:20160724174151j:plain

f:id:popomani:20160724174156j:plain

f:id:popomani:20160724174253j:plain

f:id:popomani:20160724174338j:plain

f:id:popomani:20160724174545j:plain

f:id:popomani:20160724174701j:plain